長財布or二つ折り財布。スーツに合うのはどっち?迷った時の選び方まとめ

長財布or二つ折り財布。スーツに合うのはどっち?迷った時の選び方まとめ

普段スーツを着てお仕事をされているビシネスマンにとって、持ち歩く財布選びに拘ることも「見た目の印象を左右する」大切なポイント。

そこで問題になってくるのが、スーツに合うのは長財布なのか、それとも二つ折り財布なのかというところ。

世間一般的には「スーツに合うのは長財布」「スマートなのは長財布」などと言われていますが、二つ折り財布を使っているヒジネスマンも沢山いらっしゃるので迷いますよね。

そこで今回は、スーツに合うのは長財布なのか・それとも二つ折り財布なのか?失敗しない選び方をまとめて紹介します。

 

長財布と二つ折り財布、それぞれの特徴

スーツに合う財布として、長財布と二つ折り財布のどちらを選ぶと良いのか。まずは、それぞれの特徴をメリット・デメリットに分けてみていきましょう。

長財布 二つ折り財布
メリット
  • 中身の収納力が高い
  • お札を曲げずに済む
  • スーツとの相性がいい
  • コンパクトに収まる
  • 持ち運びが便利
  • かさ張らない
デメリット
  • 普段使いの時は鞄が必要
  • パンツの後ろポケットに入れると盗難の恐れがある
  • ポケットに入れるので財布の傷みが早い
  • カードやお札の収納力が少ない

長財布と二つ折り財布、それぞれのメリット・デメリットをざっくり比較すると、以上のような形になります。

上記を踏まえた上で、長財布or二つ折り財布のどちらを選ぶと良いのか紹介していきます。

 

容量の多さ・スマートな印象であれば長財布

容量の多さ・スマートな印象であれば長財布

カードやお札を沢山入れて持ち歩く方、財布を使っている姿や立ち振る舞いを大切にする方であれば、長財布を選んでみてはいかかでしょうか。

長財布であればカード・お札・小銭を沢山収納力することができますし、世間一般的に「スーツに合うのは長財布」「スマートなのは長財布」と言われている通り、ビジネスマンが長財布を使っていると印象が良いです。

ビシッと決まったスーツの内ポケットから長財布をさっと取り出し支払いを済ませる。たったそれだけで、ビジネスマンとしての好感度は高いと思います。

ですので、カードやお札を沢山入れて持ち歩く方、財布を使っている姿や立ち振る舞いを大切にする方であれば、長財布がおすすめです。

>>スーツに合うおすすめメンズ長財布

 

支払いはカードが多い・実用性重視なら二つ折り

支払いはカードが多い・実用性重視なら二つ折り

現金はあまり持ち歩かず支払いをカードで済ませることが多い方や、現在二つ折り財布を使っている方は、二つ折り財布を選んでみてはいかかでしょうか。

コンパクトで使い勝手の良い二つ折り財布を好んで使っているビジネスマンも沢山いますし、「二つ折り財布はスーツに合わない」「二つ折り財布はかっこ悪い」なんて事は全くありません。

「長財布に変えてみようかな」という思いが強いのであれば別ですが、シンプルで上質な二つ折りであればスーツとの相性も良いです。

ですので、支払いをカードで済ませる事が多い方や、現在二つ折り財布を使っているビジネスマンの方には、二つ折り財布をおすすめですね。

>>スーツに合うおすすめメンズ二つ折り財布

 

大切なのは「シンプルと上質」

二つ折り財布と長財布

ここまでのことをまとめると

  • 容量の多さ・スマートな印象であれば長財布
  • 支払いはカードが多い・実用性重視なら二つ折り財布

という選び方になります。上記の選び方が全てではありませんが、1つの判断基準にしてみて下さい。

で、スーツに合う財布として長財布または二つ折り財布のどちらを選ぶとしても、デザインがシンプルで一目見て上質な革財布と分かる逸品を選ぶことが重要なポイントです。

というのも、私の尊敬する経営者の方々を見ていると、できる方ほど「デザインがシンプルで上質な財布」を使っているからです。

当然ですね。

スーツの内ポケットから取り出した財布が、奇抜なデザインであったら… スーツに合わないのはイメージするまでもありませんね。苦笑

スーツの内ポケットから取り出した財布が、ブランドロゴ全面の財布であったら… 頑張っている自分がアピールされ過ぎて、スマートには見えません。

できるビジネスマンほど、シンプルかつ上質な財布を使っています。名刺入れメンズも同じく、シンプルで上質なものほど良いですよね。

シンプルかつ上質な革財布ほど、スーツだけでなくカジュアルからフォーマルまで、どんなスタイルにも合いますからメリットも大きいですしね。

ですので、ビジネスマンが選ぶスーツに合う財布を選ぶ際は

  • 容量の多さ・スマートな印象であれば長財布
  • 支払いはカードが多い・実用性重視なら二つ折り財布

その上で、シンプルかつ一目見て上質と分かるお財布を1つの判断基準に選んでみてはいかかでしょうか。

それであれば、選んだ後に後悔や失敗しない革財布を選ぶことができると思います。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ