染料仕上げ・顔料仕上げの違いとは?革財布に関する基礎知識

染料仕上げと顔料仕上げの違いを解説します!

使い込むほどに革の風合い・色合いに深みを増していく本革財布を探している方は沢山いますが、「本革と聞いて財布を選らんだにも関わらず経年変化(エイジング)をしないのはなぜ?」と後悔や失敗した経験がある方も沢山います。

本革財布なのに、なぜ経年変化をしないのか?というと、今回お話しする染料仕上げと顔料仕上げの違いを知らずに財布を選んでしまったからです。

こちらのページでは、染料仕上げと顔料仕上げの違いについて解説していきます。特に、使い込むほどに革に味わいを増す本革財布を探している方は覚えておいた方が良いと思います。

 

染料仕上げと顔料仕上げの違いは、スッピン美人と化粧美人

染料仕上げと顔料仕上げの違いを簡単に説明するなら、スッピン美人と化粧美人の違いです。

この場合、染料仕上げ=スッピン美人 顔料仕上げ=化粧美人になるわけですが、革製品には・ブラック ・ブラウン ・ブランデーなどの色がついていますよね。

色が付いている以上着色が施されているわけですが、どんな着色方法が施してあるのか?これが、染料仕上げと顔料仕上げの違いによるモノです。

本革の財布を選んだはずなのに、経年変化(エイジング)しないんだけど・・・と、このような経験をしたことがある方は、顔料仕上げの革を使った財布を選んでしまったからなんです。

 

染料仕上げと顔料仕上げの違い

・染料仕上げ

染料仕上げによって作られた革の特徴は、経年変化を存分に味わい楽しむことができます。

動物が生きていた頃のバラ傷やトラ(シワ)などが残りやすい傾向にありますが、革が本来持っている質感や温かみ表情を活かすために極めて薄い皮膜によって染め上げるのが染料仕上げです。

染料仕上げは、出来上がった革に誤魔化しが効かないので、ベースになる革も傷が少なくより厳選された上質な革が使用されます。

 

・顔料仕上げ

上質な原皮を使い、革が本来持つ表情を活かした染料仕上げとは大きく異なり、顔料仕上げはペンキをベタベタ塗って着色するイメージです。

粗悪な原皮を使っていても、傷やシワなどを隠せるので、本革本来の質感や風合いがなくなりますが、見た目は不自然なほど統一感のある綺麗な仕上がりになります。

ほとんど経年変化しないのも特徴ですね。

 

染料仕上げ・顔料仕上げの違いとは?まとめ

革に関する基礎知識として、染料仕上げと顔料仕上げの違いについてお話ししてきました。

本来なら皮から革に鞣す段階でタンニン鞣しが施された革は、経年変化していく革になるはずなのですが、顔料仕上げが施されると経年変化を起こさない革になってしまうんです。

有名ブランドの財布で経年変化しないモノが多いのは、顔料仕上げの革を使った財布だからでもあります。(本革以前に、合皮を使っている場合も多いです。)

後悔や失敗をしない為にも、使い込むほどに革に味わいを増す本革財布を探している方は、染料仕上げの革財布を選ぶようにして下さいね。

染料仕上げの革を使っているからこそ、下の画像のような味わい深い経年変化を楽しむことができます。

染料仕上げの財布が魅せる経年変化

当サイトでおすすめしている本革財布は、どれも染料仕上げの革を使った上質な革財布なので、経年変化を存分に味わい楽しむことができます。

使い込むほどに革に味わいを増す本革財布を探している方は、参考にしてみて下さい!革製品が大好きな管理人が、自信を持っておススメしている革財布です。

 

染料仕上げ・顔料仕上げの違いとは?革財布に関する基礎知識は以上になります。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ