ヌメ革とは?革の種類と特徴

ヌメ革について解説します!

こちらのページでは、ヌメ革について解説していきます。

当サイト管理人が最もおススメしている国内ブランド(皮革専門店)ココマイスターの革財布の内装には、欧州産のヌメ革が使用されていますが、ヌメ革を簡単に説明するなら

  • 最も自然な風合いを魅せる革らしい革
  • 革の繊維がギュギュっと詰まった、とても丈夫な革
  • 味わい深い経年変化を魅せる革

 

最も自然な風合いを魅せる革らしい革

ヌメ革とは牛の原皮を植物タンニンで鞣しただけの革のことを言います。 数ある革の中で自然な風合いを魅せるヌメ革は「最も革らしい革」と言われています。

牛が生きていた頃の証である傷やシワ・血管跡などがそのまま残されているので、世界に同じモノがありません。 また、革の繊維がギュギュっと詰まったとても丈夫な革なので長持ちするのも特徴です。使い方次第では数年単位で使うことができます。

numegawa-1

色付けをせずに革本来の自然な風合いを残し、革の繊維がギュギュっと詰まったとても丈夫な革。それがヌメ革です。

ココマイスターの革財布の内装には、欧州産の上質なヌメ革が使用された贅沢な総革仕立ての革財布になっています。下の画像は、ブライドル・グランドウォレットの内装です。

numegawa-2

 

味わい深い経年変化を魅せてくれるヌメ革

革本来の自然な風合いを残した、とても丈夫なヌメ革。 この革は使い込むほどに味わい深い経年変化を魅せてくれます。

使い込むほどに少しづつ色が濃くなっていき、初めは硬さを感じる革も、革の繊維がほぐれてクッタリと手に馴染む程よい柔らかさに経年変化していきます。

この味わい深い経年変化こそが、ヌメ革が革好きに愛され続けている最大の魅力ですね。

numegawa-3

贅沢な総革仕立ての場合は、財布の内外装で異なる革の経年変化を味わい・楽しむことができますね。

ヌメ革とは?革の種類と特徴は、以上になります。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ