鞣し(なめし)とは?「革に関する基礎知識」

namesi

お店に実際に足を運んだ時や通販でも同じですが、革財布を探していると鞣し(なめし)という言葉を頻繁に聞きますよね。

鞣し(なめし)は、いったいどんな事をしているの?何が違うの?と疑問に思う方も多いと思います。

簡単に説明すると「皮」から「革」に加工する方法を鞣しと言います。

 

鞣しとは?

古くは剥がした動物の皮を乾燥させ、叩いたり・揉んだりして皮の繊維を分解する方法が200万年前からあったとされています。鞣しの起源ともいえる方法です。

その後、剥いだ動物の皮を煙で燻したり、植物の渋(タンニン)に漬け込んだり動物の脂を塗り込むなどの方法によって、鞣しの技術が発展していったとされています。

現代の鞣しの方法には以下の3つがあります。

  • ベジタブルタンニン鞣し
  • クロム鞣し
  • コンビネーション鞣し

鞣しの方法は本来、ベジタブルタンニン鞣し(植物タンニン鞣し)が主流でしたが、化学技術の発展に伴い化学薬品で処理されるクロム鞣しの革製品が主流になっています。

ベジタブルタンニン鞣しとクロム鞣しを掛け合わせた方法を、コンビネーション鞣し(コンビ鞣し)になります。

 

ベジタブルタンニン鞣し

tanninnamesi

ベジタブルタンニン鞣しは、時間と手間が非常にかかりますが、完成した革は硬くて丈夫でハリ・コシがあるシッカリとした革になります。

また、脂分などを吸収しやすい特徴があるので使い込むほどに本革本来の経年変化を存分に楽しむことができます。

何年も長く使い続けることができる革財布には最も適していますね。燃やしても有害物質がでませんし、植物由来なので土に還るので自然にも優しい。

 

クロム鞣し

クロム鞣しは化学薬品で処理されるため、時間と手間がかからず生産コストが抑えられます。
完成した革は、軽くて柔らかく、伸縮性に富んでいる革ができあがります。

化学薬品で処理されるため、発色がハッキリとしているので変色しないのが特徴です。

処分する時に有害物質を発生させるので注意が必要です。
クロム鞣しの革製品は燃やした時の臭いが、かなり臭いです。苦笑

 

コンビネーション鞣し

ベジタブルタンニン鞣しとクロム鞣しの2種類のを掛け合わせた、コンビネーション鞣しは
簡単にいうと「なんちゃってベジタブルタンニン鞣し風レザー」ができあがります。

クロム鞣しと同じようなコストで生産が可能で、野球のグローブなどはコンビ鞣しが使われています。

 

ベジタブルタンニン鞣しが美しい

本革本来の色合いや風合いがあり、長く使い込むことができ経年変化を楽しむことができる、ベジタブルタンニン鞣しによって作られた革が最も好きです。

特に「使い込むほどに味わいを増す革を使った財布」をとお考えの方は、タンニン鞣しによって作られた革を使用している財布を選ぶと後悔や失敗せずに済みますね。

時間と手間をかけて作られているだけでなく、上質な革に仕上げるには、職人の技と経験が必要になるので一切の誤魔化しが効かない。

tanninnamesi-kawasaihu

革の経年変化を最も味わい楽しむことができるだけでなく、タンニン鞣しの革は丈夫で長持ちするのも特徴なので、長く使える革財布を探している方にも覚えておいて欲しい革ですね。

当サイトで紹介している、革職人が時間と手間をかけて作り出した上質な革を使った財布をご覧になってみて下さい!

鞣し(なめし)とは?「革財布に関する基礎知識」は以上になります。

>>管理人が実際に使っているおすすめのメンズ革財布はこちら

>>3万円以内の予算で選ぶことができるメンズ革財布はこちら

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ