日本の熟練職人が丁寧に作り込む革財布。おすすめできる革専門店

行ったこともない・詳しく知らない国で作られた革財布
生まれ育った国の、その道に人生を賭けてきた職人が作る革財布

どちらが良いのでしょうか?

MADE IN ・中国 ・タイ ・ベトナム ・バングラディシュ
価格が優先された結果、それなりに作りが良くて、それなりに見えるモノで溢れている時代。

価格がより安ければ良い 有名なブランドの名前とロゴが入っていれば良い
素材の良さ・作り込みの丁寧さ・作り手の思いなど関係無いとさえ感じる
世の中の流れと、流行や他人の目を気にして流され続ける一部の人達。

20代~50代の男女をターゲットに、1万人のアンケート調査結果で、
鞄や財布を購入する際に、ブランドを気にする・安さを重視すると答えた人が
全体でおよそ70%以上
にも上るというアンケート結果があります。

何が正しいとは、人によって判断が異なりますが
厳選された素材を使用して、日本の熟練した職人が丁寧に作り込む
生まれ育った国の、その道に人生を賭けてきた職人が作り出した革財布を選びます。

 

日本の熟練した職人が作り出る革専門店の拘り

生産コストが抑えられる海外製の革財布が多い中で
コストなど関係なく、厳選された革素材を日本の職人の手作業による作り込み
MADE IN JAPANに拘り続けている、今では希少な革専門店COCOMEISTER

財布の1つ1つを日本の熟練した職人が丁寧に作り込む革財布は
丁寧なモノ作りだからこそできる質の高さを実感する事が出来ます。

 

堅牢さを誇る贅沢なブライドルレザーを使ったこの革財布。


>>ジョージブライドル・バイアリーウォレット

長く使い込むにつれて革がほどよくクッタリとしていき
美麗な光沢をおびていくブライドルレザーを使った革財布は
コードバン同様に、何年も長く使う財布としてピッタリですが

ブライドルレザーは、馬具にも使われるほど堅牢さを兼ね備えている
丈夫でシッカリしている革は加工が難しく、どれほど上質で贅沢な革であったとしても
革財布の質の高さは職人の腕にすべてがかかります。

そんな加工の難しいブライドルレザーにおいても、財布のコバ面まで丁寧に作り込まれていて
日本の熟練した職人の丁寧なモノづくりを実感する事ができます。

有名・無名に関係なく、財布のコバ面の作りが荒い財布がありますが
革財布のコバ面は擦り減っていく部分でもあるので
特に長く使う財布を選ぶ場合は、見逃しがちな財布のコバ面の作り込みも重要になります。

厳選された上質な革素材を使用して
日本の職人が丁寧に作り込んでいく為大量生産ができません。

大量生産で利益優先になるのではなく、あくまでも革財布の素材・革財布の質の高さ
日本の職人の手作りによるMADE IN JAPANに拘り続ける。

コスト優先で質や作り手の思いが二の次である現代からすると
古臭い拘りと思う方もいるかもしれませんが

こんな革専門店の揺るぎ無き拘りに、魅力に感じる方も多いのではないでしょうか。

革専門店のCOCOMEISTER

日本の職人が丁寧に手作業で作り込む革財布を探している方は
1度ジックリとご覧になってみて下さい。

革オタクの私が唯一自信を持っておすすめできる革専門店です。

 

・人気の革財布おすすめランキング!日本製の質高き確かな逸品

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ