財布のマチとは?種類と特徴を解説します

saihu-mati

財布に関する用語として「財布のマチが・・・」と、どこかで見たり・聞いたりした事があるかと思います。 財布のマチとは、「財布が横に広がる構造」のことです。

このページでは「財布のマチとは何?」と疑問に思っている方に、財布のマチには種類と特徴についてお話ししていきます。

 

ササマチ

saihu-sasamati

横から見ると底に向かって細くなり「笹の葉」の様に見える事から「ササマチ」と呼ばれています。 特徴としては、中身を入れても財布に厚みが出にくく、財布をスーツなどの内ポケットに入れても嵩張りにくいのが特徴です。

男性に人気のメンズ長財布では、ササマチ構造になった革財布が多いですね。

 

通しマチ

saihu-toosimati

通しマチは、財布の底になる部分に「マチ」がついた形のモノを言います。 ご覧になると分かると思いますが、通しマチはお札が沢山入るので収納力が高くなります。

 

下の画像では、ササマチと通しマチを比較していますが、ササマチ(左)よりも通しマチ(右)の方が収納力は高いです。

saihu-matihikaku

どちらが良いのか?と迷う方もいるかもしれませんが、この差は好みの問題だと思います。 見た目の綺麗さ・スタイリッシュさを優先するならササマチ。 反対に、財布の収納力を優先するなら通しマチ。などで選ぶと良いかもしれません。

ちなみに、普段スーツを着てお仕事をされているビジネスマンの方には、見た目も綺麗でスーツの内ポケットに入れても嵩張りにくいササマチの長財布が人気です。

 

風琴マチ(ふうきんまち)

saihu-huukinmati

財布を横から見た時のマチの形が、アコーディオンのジャバラ部分に似ている由来から「風琴マチ」と呼ばれています。

あまり見かけることのないマチの構造ですが、風琴マチは外側に折れているため、お札がマチに引っ掛かることありません。 また、お札などの収納量によってマチが伸縮するため、収納と機能面で実用性に優れていますね。

 

財布の内装にあるマチ

saihu-mati-naisou

上の画像の丸で囲った部分が、財布の内装にあるマチになります。 マチがついているからこそ、収納力が高く使いやすさにも優れた財布になります。

ラウンドファスナー長財布では見かけませんが、二つ折り(かぶせ)長財布ではマチの付いてない革財布もあるので、収納力のある革財布をとお考えの方は注意してくださいね。

財布のマチとは?についての解説は以上になります。 お疲れ様でした。

>>人気の上質革財布のレビュー

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ