革財布を新しくしたらコインケース(小銭入れ)は必要?

革財布を新しくしたら、一緒にコインケース(小銭入れ)も持つようにした方がいいですか?といった質問をされることがたまにありますが、私個人の意見としては「持った方がいいけど、無理に持つ必要はない」と思います。

たとえばブライドルレザーを使用した革財布を購入した時に、同じくブライドルレザーを使用したコインケース(小銭入れ)を選ぶ方が沢山いますが、単に財布と小銭入れを使い分けることが「こなれ感」や「オシャレ」というだけでなく、財布と小銭入れを使い分けることによって

「革の肥大化を防ぎ・ひび割れやシワ予防になる」といった利点があります。

 

会計後のおつりに小銭が多くて、財布の中身を小銭でパンパンにしている方を見かけることが多いですが、財布を綺麗に長く使い続けたい場合は気を付けた方が良いです。

特に財布がまだ新しい時は気を付けて欲しいのですが、まだ革が柔らかくなっていない状態で、財布の中身をパンパンにして革に負荷をかけると

革のひび割れ・シワ・劣化の原因になります。

私は必ず革財布とコインケースを持つようにしていますが、本革の経年変化を楽しみながら、できる限り財布を綺麗な状態を保つ為でもあります。

私物の鞄と財布と小銭入れ

 

基本的に革の経年変化に失敗はありませんが、革にひび割れやシワが入り経年変化に失敗したと感じる方がいるのも「財布の中身を小銭でパンパンにして革に負荷をかけ過ぎた」ことも原因の一つだと思います。

ですが初めにもお話ししましたが、金銭的な問題もあると思うので無理に小銭入れを持つ必要はなく、必要以上に革財布を肥大化させない工夫をすれば問題はないと思います。

反対に予算に余裕がある方や、こなれたオシャレを楽しみたい方は、革財布とコインケース(小銭入れ)を使い分ける選択肢おススメです。

>>人気の上質革財布の詳細レビューはこちらから

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ