革質の良い本革を使用した革財布のブランドってありますか?

革質の良い本革を使った革財布のブランドはありますか?使っている間に革に味が出る・増していく財布のブランドはありますか?と言った、質問をされることがありますが

革の質に関しては、ブランドがどうこうと言うよりも具体的なことを言えば、どこのタンナーの革を使っているのか?によって変わってきます。

革製品に詳しい方にとっては当たり前の事でも、革財布に限らず、革製品に詳しくない方にとってタンナーとは、聞きなれない言葉だと思います。

タンナーとは簡単に説明すると、財布に使われている革を作っているメーカーです。 料理でたとえるなら、野菜を作っている生産者といったところでしょうか。

レストランで口にする料理は、野菜を作っている生産者から食材を仕入れて、1流の料理人が調理をして完成する。

革財布を販売しているブランドは、革を作っているタンナーから革を仕入れて、財布を作る職人に依頼をして革財布が完成する。

ブランドが行なっていることは、どんな革を使うか?どんなデザインや機能にするか?を決める位です。(厳密に言えば違うブランドもあります)

ですが、どんな革を使うのか?を決めているのはブランドなので、どこの国の・どのタンナーが作り出した革を使っているのか?によって、革財布の価値自体が変わってきますし

品質よりもブランド・メーカー側の利益優先の財布なのか?
高品質の財布を、正しい価格設定でマジメに作っているのか?

この判断をする一つの基準にもなります。(財布の作りがシッカリとしているのは大前提なので、中国製の財布は論外ですが)

タンナーは国内外に数千社ありますが、質高き革を作り出すタンナーの有名どころは、イタリアのバダラッシ・カルロ社、ワルピエ社、フランスのディプイ社・アノネイ社、イギリスのセドウィック社(セジュウィック社)、チャールズ・F・ステッドなどがあります。

 

本来なら、上記のタンナーが作り出した極上質のレザーを使った財布なら間違いないのですが、先ほどもお話ししましたが、1流のタンナーが作るどんなに質の良い本革を使っていても財布の作りが荒かったら全てが無駄になります。 中国製の財布など論外です。

セドウィック社製のブライドルレザーを使用しているにも関わらず、中国製の財布もあります。素材の上質さだけを引き立てて、肝心な財布の作りを誤魔化しているブランド・メーカーもネットを見ていると沢山あります。 質の高い財布を探している方は注意が必要ですね。

少し話がブレてしまいましたが、使い込むほどに味わいを増していき・永年の経年変化を存分に楽しむことができるメンズ革財布を探している方は、どこのタンナーの革を使って、どこで作られた財布なのか?を確認すると、後悔や失敗のない逸品を選ぶことができると思います。

 

質高き確かな革財布を作り出すおすすめの国内ブランド

革財布に限らず、革製品を扱うブランドは沢山ありますが、革素材に拘り・熟練した日本の職人がハンドメイドで作り出した、質高き確かな革財布を正しい価格設定でマジメに作っている、最もおすすめなのが日本国内ブランド(皮革専門店)ココマイスターです。

先ほどの質高き革を作り出す有名タンナーとしても紹介した、イタリアのバダラッシ・カルロ社、ワルピエ社、イギリスのセドウィック社など極上質レザーを使用し、熟練された日本の職人がハンドメイドで作り出した、素材・作り共に質高き確かなメンズ革財布です。

有名ブランドのようなギラギラしたデザインやロゴの入った財布とは一線を画した、素材と作りの良さを活かした極めて削ぎ落とされたシンプルかつ洗練されたデザインの革財布です。

ブランドの名前ではなく、革の良さ・しなやかさ・作りの良さで財布を選びたいとお考えの方におすすめです。

>>ココマイスター公式ページはこちらから

kawasaihu-osusume

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ