本革(天然皮革)とは?革に関する基礎知識

本革について解説します

本革財布と聞いて「あっ牛革財布のことか」と思われている方もいますが、半分本当で半分間違いです。 こちらのページでは、本革についてお話ししていきます。

本革とは、動物の皮を使って作られた革のことを言います。なので牛革も本革になりますが、牛以外でも動物の皮が使われていれば本革になります。

なので、羊革 ・馬革 ・豚革 ・ヘビ革 ・鹿革 ・ワニ革であっても本革です。 他にも革としては珍しい、サメ革 ・エイ革 ・トカゲ革であっても本革のカテゴリーになります。

繰り返しになりますが、動物の皮を元に作られた革を本革と言います。 動物の皮を使ったモノが本革なので、合成皮革は全くの別物です。

 

本革と合皮の違い

本革と合皮の決定的な違いは、本革が動物の皮から作られるのに対して、合皮は原油由来の製品から作られています。

本革は動物から剥いだ皮に鞣し(なめし)加工を施し、商品用に染色されて、皮から革になります。 極端なことをいえば、天然由来が本革となります。

合皮の場合は、不織布・編織布の上にポリウレタンコーティングや塩ビ加工を施し、着色後に革の型のプレスをしたモノが合皮になります。原油由来または化学由来が合皮なんです。

本革と合皮では、原材料も構造もまったくの別物なんです。

少し話がずれましたが「本革 = 動物の皮から作られたモノ」と覚えておいてください。

本革(天然皮革)とは?革に関する基礎知識は以上になります。

 

>>管理人が愛用中の本革財布のレビューはこちら

bridle-mattone-wallet-11

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ