高級レザーの代名詞「コードバンとは?」

希少性の高さと丈夫な革質から「革のダイヤモンド」と称されるコードバン

レザージャケットなどに使用されるホースレザー(馬革)は知っていても
コードバンはどういった革なのか知っている方は少ないと思います。

ホースレザーと同じように、コードバンも同じ「馬から採れる革」である点は一緒ですが、ホースレザーとコードバンは革の特徴も強度もまったくの別物です。

 

希少性が極めて高い

レザージャケットなどに使用されるホースレザーは
馬の身体や首の位置にあたる革が使用されますが
コードバンは馬のお尻の位置から採れる革になります。

馬画像01

ホースレザーを使用した革製品は高級なモノが多いですが
そんな中でもコードバンは馬一頭から極僅かしかとれないので
希少かつ高級な革でもあります。

馬革の採取量が年々減少傾向にありホースレザーの生産量が減っている中で
さらに馬一頭から採れる量が極端に少ないコードバンはさらに貴重です。

 

耐久性は牛革の3倍以上

馬のお尻のお尻の位置にあたるコードバンは、革が綿密でキメが細かく
なんと言っても堅牢さを誇るほど丈夫でシッカリとしている事が特徴です。

一般的な革といえば、牛革が広く知られていますが
コードバンは牛革に比べて、3倍以上の密度とキメの細かさを誇り
希少なだけでなく耐久性や耐摩擦抵抗に優れている革でもあります。

コードバン画像

 

馬一頭から採れる量が極僅かため希少な革でもあり
堅牢さを誇る丈夫でシッカリとしているコードバンは
「革のダイヤモンド」「革の宝石」と呼ばれています。

 

美しい光沢を放つ

革好きを魅了し続けるコードバンですが、革のダイヤモンドと呼ばれるには
もう一つ理由があります。

使い込むほどに美しい光沢を放っていく表情

革財布コードバンイメージ

革であって革らしくない光沢を放つコードバンは
持っているだけで幸福感や満足感を与えてくれる

革が綿密でキメが細かいので、革の表面がツルツルとした手触りがあり
他の革とは一味違った魅力を持っているんです。

コードバンを使用した財布は、一緒に歳をとっていった数年後
「この財布を選んでよかった」と思える特別なモノ。
「長く愛せる財布」この言葉がピッタリですね。

 

コードバンに似せた劣化コピーも存在する

希少で高級なコードバンを使用した革製品は人気が高く
コードバンに似せて作られた劣化コピーもたくさん存在します。

紳士靴で見かけることが多いですが、革財布でもよく偽物を見かけます。
間違ってもコードバンに似せたモノを選んでしまわないように注意してくださいね。

>>日本製のコードバンを使ったおすすめ革財布はこちら

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ