何年も長く使い続ける事ができる「ブライドルレザーとは?」

長く使えて・長く愛せる特別な革財布を探している方は、ブライドルレザーを知っておくだけで失敗しない革財布を選ぶ事ができるようになると思います。

ブライドルレザーは、ステアハイドなど成牛の革をベジタブルタンニン
鞣し(植物性溶剤)で鞣したあとに、ロウ漬けし革にロウを染みこませた皮革のことを言います。

ブライドルの英語表記は「bridle」になります。辞書で引いてみると

馬勒(ばろく) 《馬の頭につけるおもがい・くつわ・手綱(たづな)の総称
ブライドルレザーは元々英国発祥の伝統的なレザーで
英国貴族の乗馬用に開発された革で1000年以上の歴史があります。

人の命を預ける馬具の使用にも耐えられるように作られているので
丈夫でシッカリとしている革である事がある程度想像できるとかと思います。

このブライドルレザーは、数ある革の中でも耐久性や丈夫さは最高峰
だからこそ、ブライドルを使用した財布は何年も長く、40代の方なら
使い方次第では定年を迎えるまで使い続ける事ができるかもしれません。
それほど、丈夫でシッカリとしている革です。

 

堅牢とも称され、数ある革の中でも最高峰の耐久性や丈夫さを
引き出しているのは、革にロウを染みこませているからこそ。

革について詳しくない方にとって革にロウを染みこませる?
と、あまりピンと来ないと思われるかもしれませんが
革にロウを染みこませることによって、革の繊維を引き締めると同時に
密度を高めて、堅牢とも称されるほどの耐久性を引き出しています。

この染みこませたロウこそがブライドルレザー最大の特徴になります。

 

堅牢さとブライドルレザー最大の特徴

元は英国貴族の乗馬用に開発されたブライドルレザーは、何年も長く
使い続ける財布の使用に耐えられるほど、堅牢さを誇り丈夫で
シッカリとしているのが魅力の一つですが、

革に染みこませたロウが気温・湿度さまざまな条件下によって
革の表面にブルームと呼ばれる白い粉となって姿を現します。
下の画像で、財布の表面に白い粉が見えますよね?

革財布ブライドルレザーアップ

私も初めてブライドルレザーを手にした時は驚きましたが
このブルームこそがブライドルレザー最大の特徴といっても良いかもしれません。

ブルームは表面を軽く拭いてあげると簡単に落す事ができますが
長く使い込んでいくうちに、このブルームが馴染んでくると美麗ともいえる
美しい光沢を増していきます。

ギラギラしたドギツイ光沢ではなく、あくまでも自然と放つ、品の良い美しい光沢です。

 

 

堅牢さを誇り重厚感を感じさせる革の特徴とは相反する
美麗な光沢や高級感に魅せられて、ブライドル革財布を使い続ける革好きも多いです。

ここまで読んで下さった方なら、もう容易に想像がつくと思いますが
ブライドルレザーは丈夫でシッカリとしている革なので財布に仕立てるには
熟練した革職人の腕と技が必要になります。

ブランド関係なく、見た目だけで作りの粗い財布も多く、財布のコバやマチ
さらには縫いが甘くて、すぐにダメになってしまうと分かる財布が沢山あります。

しかし、加工が難しいブライドルレザーですが、熟練した職人が丁寧に作り込み
シッカリとしている財布なら何年も長く使い込むことができます。

 

堅牢さを誇り長く使い込むことができ、使い込んでいくと美麗な光沢をましていく表情
気品あふれる高級感は、数年後「この財布を選んで本当に良かった」と思えるほど

年齢関係なく、ホンモノに拘る方にブライドルレザーを使用した財布は
選んで失敗や後悔のないモノと自信を持っておススメできます。

 

>>ブライドルレザーを使用したメンズ革財布おすすめランキング

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ