ブランド嫌いな男性へのプレゼントには、一言加えて特別感を

ブランド嫌いな男性へプレゼントする際に
一言加えるだけで、彼の感情を刺激してさらに喜んでもらえる言葉があります。

まず、ブランド物が苦手・もしくは嫌いな男性の特徴として

流行が嫌いでミーハーな事を好まない
ブランドネームよりも、自分の感性やモノ自体作りの良さに拘る

ブランド物が苦手・嫌いな男性は主にこういった特徴の方が多いです。

 

プレゼントにより特別感をプラスする言葉

プレゼントが特別な物である事を伝える

ブランド物が苦手な男性は、流行やミーハーな事を嫌がる傾向が強いです。
ルイ〇ィトンだから〇ラダだから?それの何が良いの?といった考えです。

流行やミーハーが嫌いな男性は「特別・拘り」と言った言葉に弱かったりします。

例えば、彼へのプレゼントに革財布を選ぶとしたら
ルイ〇ィトンのような誰もが知っているブランド物は
苦手なので喜んでもらえず、使ってもらえないかもしれません。

ですが、財布をプレゼントする際に
「厳選した素材を使って、日本の職人が丹精込めて作った財布なの」
と、プレゼントを渡す際に一言伝えるだけで、とても喜んでもらえると思います。

なぜなら、厳選した素材 = 特別 職人が丹精込めて作る = 拘り
といったように、自分の感性や拘りを大切にしている、
強い彼の好きな言葉で埋め尽くされています。
「ブランド物が嫌いな自分の事を分かってくれている」と感激すると思います。

特別が良いなら限定でもいいのかな?と考える方もいるかもしれませんが
ブランド品が苦手な男性にとって「限定」は特別な物ではありません。
「限定」と聞いたところで「限定だからなに?」と思う程度です。

仮に、ルイヴィトンの世界〇〇個限定生産の貴重な財布
をプレゼントしたとしても、彼の反応は微妙になります。

逆に、厳選された素材を使って、日本の職人が丁寧に手作りした財布
をプレゼントした方が、彼に喜んでもらえます。

〇〇限定のように、数が少ないことが特別なわけではなく
素材や作り手の想い・拘りが詰まっているからこそ「特別」と感じます。

 

拘りが詰まっていると伝える

ブランド品が苦手な男性は、自分の世界観や感性を大切にしていて
好きな物に対する拘りが強い傾向があります。

ファッション・趣味・車など、好きな物に対する拘りが強いです。
また、ブランドネームを気にする = 自分の拘りがない人 と捉えている男性が多いです。

理想が高く・完璧主義者に多い傾向でもありますが
「周りに流されない意思の強い自分」というように、セルフイメージが高いからと言えます。

プレゼントする際も、いかに拘りが込められているか?を伝えます。

財布をプレゼントする際も、一般的な牛革ではなくコードバンやブライドルレザーの財布を選んで
「自分の世界観を大切にする○○くんだから、拘りの詰まった財布をプレゼントしようと思って」
と、プレゼントを渡す際に一言伝えると彼の心に響くと思います。

ブランド品が嫌いな男性は意外と多いので
どんなプレゼントを渡したら喜んでもらえるのか悩んでしまうと思いますが、
考えて・悩んで渡すプレゼントは喜んでもらいたいですよね。

ブランド嫌いな男性へプレゼントする際は
特別・拘り この言葉を使ってみて下さい。

財布をプレゼントする際には
「国産の厳選したコードバンっていう革素材を使って、日本の職人が丹精込めて作った財布」
のように、・厳選された素材 ・職人の手作り ・日本製 ・コードバンやブライドルレザー
などと付け加えてあげると「自分の事を分かってくれている」と思って
より彼も喜んでくれると思います。

>>おすすめの上質革財布の詳細レビューはこちら

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ